風俗嬢の為のマイナンバー制度後の確定申告の注意事項

マイナンバー制度によって親や知人にバレることはあるのか? - 風俗嬢の為のマイナンバー制度後の確定申告の注意事項

風俗嬢の為のマイナンバー制度後の確定申告の注意事項

マイナンバー制度というのは国民総背番号制という制度のことで、住民票を持っている全ての人に対して、マイナンバーが与えられます。マイナンバーというもので社会保障や税金、災害対策などを一括して管理をしていくものです。マイナンバー制度が導入されることで風俗嬢が確定申告を行う際に注意するべきことについて解説をしていきます。

マイナンバー制度とはどういうものか?

マイナンバー制度というのは日本国民であれば1人1個のマイナンバーと呼ばれる番号で管理をしていく制度です。マイナンバーカードというものも発行することができますので、このカードを身分証明書として利用することも可能です。マイナンバーに関しては一度振られた番号を変更することはできないので、この番号が一生涯社会保障や税金などで紐づけられます。
マイナンバー制度によって国民に何か便利なことがもたらされるかと言うとそういうわけではありません。行政の手続きがマイナンバーによって紐づけられますので、相互間の情報をすぐに検索することが可能になります。これによって行政コストが下がることが期待されています。

マイナンバー制度によって親バレすることはあるのか?

風俗で働いている人に取っては親や知人にばれるかどうかというのが何よりも不安に感じています。マイナンバー制度と言うのはあくまで行政同士が情報を閲覧するためにありますので、マイナンバー制度だからと言って親に風俗で働いていることがばれることは一切ありません。
親にばれるとするならば、日頃の生活習慣が変わった場合にばれる可能性が高くなります。風俗で働いているからと言って生活習慣を変化させないほうがいいでしょう。

確定申告はどうすればいいのか?

今までは風俗店が税務署に申告をする時にだれにいくら支払ったのかということを記載するのですが、誰がという部分はそれほど重要視されなかったという事情があります。マイナンバー以前のことを税務調査をするのは正直言って難しいでしょう。そのため、マイナンバー以前の未納分については見逃される可能性が高いでしょう。
しかし、2016年分からは支払調書にマイナンバーの記入欄が出てきますので、マイナンバーを活用すれば誰に支払われていたのかということが分かるようになります。今までは個人についていちいち調べる時間が無かったわけですが、マイナンバーを活用したら誰がという部分も簡単に把握できるようになるでしょう。それを使って税務調査を行うのかどうかはまだ未知数なところがあります。
風俗嬢の場合は風俗店が税金を支払っているわけではなく、自分で確定申告を行わなければいけません。自分で行えないのであれば、風俗業界に精通している税理士に依頼をする方がいいです。今まで確定申告を行っていないというのであれば、マイナンバー導入後の2016年分からでも確定申告を行ったほうがいいです。
本業があって副業として風俗で働いているのであれば、副業の分を確定申告する必要があるわけですが、この確定申告の仕方によっては住民税の額によって副業をしていることがばれる可能性が出てきますので注意をしてください。

マイナンバー制度導入によってより一層確定申告をした方がいい

tjytd
風俗で勤めているということであれば、給料はそれだけ高くもらっているわけですので、稼いだものについてはきちんと確定申告をして税金を納めた方がいいです。そうしないと、追徴課税が課されることになり無駄なお金を支払うことになります。
【おすすめ情報】大阪市の風俗業界の給料