風俗嬢の為のマイナンバー制度後の確定申告の注意事項

マイナンバー制度によって親や知人にバレることはあるのか? - 風俗で働いていると源泉徴収票はもらえるのか?

風俗で働いていると源泉徴収票はもらえるのか?

企業に勤めているのであれば源泉徴収票をもらうことがあるのではないでしょうか。源泉徴収票とは給料の中から税金や社会保険などを1年間でいくら天引きされたのかという内訳を示したもので、これは会社からもらえます。それでは風俗嬢であっても源泉徴収票はもらえるのでしょうか。

風俗嬢は源泉徴収票はもらえない

風俗嬢であっても風俗嬢から雇われているということが言えるわけですから、給料から税金などを天引きされてもおかしくないわけです。しかし、風俗嬢の多くは源泉徴収票をもらっているわけではないです。それはなぜかというと、給料から税金を天引きしていないからです。給料をもらう時にはいろいろなものが差し引かれているわけですが、税金や社会保障を引いているわけではありません。

知らないでは済まされない脱税のリスクがある

源泉徴収票がもらえるということは会社が税金を支払ってくれているわけです。しかしながら、風俗嬢の場合は風俗店が税金を支払っているわけではありませんので、税金に関して言えば自分で確定申告を行わなければいけません。確定申告においても風俗店がやってくれるわけではなく、自分でやる必要があります。
確定申告のやり方が分からないからと言って、税金を納めないというのはいけないことです。税金を納めないということは自ずと脱税をしていることと同じことになります。脱税をしていることが税務署にばれると追徴課税が加算されるなど追加的な出費を行うことになりますので十分に注意してください。

源泉徴収されないからと言って税金を支払わないのはいけない

企業で勤めているのと違って風俗嬢の場合は源泉徴収が行われないです。源泉徴収が行われないからと言って、脱税していいわけではありませんので、しっかりと税金を支払いましょう。

関連する記事