風俗嬢の為のマイナンバー制度後の確定申告の注意事項

マイナンバー制度によって親や知人にバレることはあるのか? - 風俗で働いている場合、風俗店が税金を支払っているのか?

風俗で働いている場合、風俗店が税金を支払っているのか?

風俗嬢として給料をもらうというのであれば、税金を支払う必要があります。成人であれば納税の義務というのがありますので、必ず税金を支払わなければいけません。働いているにもかかわらず税金を納めていないのであれば、それはいけない行為をしているわけです。OLさんのように企業に勤めているのであれば企業が税金を代わりに収めていますので、わざわざ確定申告をする必要はありませんが、風俗嬢の場合はどうでしょうか。

風俗嬢は自分で確定申告をする必要がある

OLも風俗嬢も企業から給料をもらうということは同じなのですが、風俗嬢の場合は風俗店から雇われているというわけではありません。会社に勤めていれば企業が税金を支払ってくれますが、風俗店の場合は風俗嬢の税金を支払ってくれるわけではないです。したがって、風俗嬢は給料から自分にかかる税金を計算した上で確定申告をする必要があります。確定申告について分からなければ風俗店に相談すると税理士を紹介してしてくれたりします。

どうして税金を支払う必要があるのか?

風俗嬢はOLに比べると勤務時間が自由に設定できますし、給料も高いです。風俗嬢は確定申告をしていない人もいるということが言われていますが、税金を納めることは国民の義務ですので、必ず支払う必要があります。給料が少なければ税金を納める必要が無かったりしますが、風俗嬢の場合は多く稼いでいますので税金をきちんと納めなければいけません。

税金は自分で納める必要がある

風俗嬢の税金については自分で確定申告をした上で、税金を納める必要があります。高収入になりますので税金を納めるのは間違いありませんので、給料の全てを使い果たさないようにしましょう。

関連する記事