風俗嬢の為のマイナンバー制度後の確定申告の注意事項

マイナンバー制度によって親や知人にバレることはあるのか? - ダブルワークをしている時住民税の徴収方法に気をつけよう

ダブルワークをしている時住民税の徴収方法に気をつけよう

風俗と一般企業とをダブルワークしている人に取っては、本業である一般企業においてダブルワークをしていることをばれたくないというように思っている人が多いです。ばれたくないからこそ日頃の行動に注意を払っています。注意を払っていてもあるところからダブルワークをしていることがばれるということがありますので、そのことについて説明していきます。

住民税の金額によって職場にばれることがある

一般企業で勤めている分に関して企業が税金を払っています。風俗で働いている分に関しては年間20万円以上稼いでいるのであれば、自分で確定申告をする必要があります。確定申告をしたらその内容について住んでいる市区町村にも伝えられます。市区町村に伝えられるのは住民税を徴収しないといけないからです。
一般企業は所得税だけでなく、住民税についても納付をしています。そこでダブルワークをしていると通常であれば、一般企業の分と風俗の分を加算した住民税額になりますので、そこで職場に副業をしているのではないかということがばれてしまいます。

住民税の徴収方法を普通徴収にする

副業をしていることがばれたくないというのであれば、確定申告書で給料以外の収入に対する住民税において払う方法を選択すればいいわけです。原則は本業の分と加算される特別徴収なのですが、本業にばれたくないのであれば、副業の分は自分で納付する普通徴収を選択すればいいでしょう。

確定申告をする時住民税の徴収方法に気をつけよう

ダブルワークをしている人は本業に影響がないようにしたいわけですが、確定申告書を提出する時に住民税の徴収方法を普通徴収にすることで、副業の分は自分で納めることになるので、そこから職場にばれるということはありません。

関連する記事