風俗嬢の為のマイナンバー制度後の確定申告の注意事項

マイナンバー制度によって親や知人にバレることはあるのか? - マイナンバー制度導入前の今まで払っていなかった税金はどうなるのか?

マイナンバー制度導入前の今まで払っていなかった税金はどうなるのか?

今までマイナンバー制度導入前に関して言えば、風俗嬢などの個人事業主は確定申告をしなかったとしても見逃されたところがあります。しかし、マイナンバー制度が導入されてからは個人番号と支払調書が紐づけされますので、もしかすると税金が支払われていないのであれば、ばれるという可能性が出てきます。この時に今まで支払っていない税金はどうなるのでしょうか。

未納であることがばれたら未納分と追徴課税を支払う

仮に未納であることが税務署にばれたのであれば、未納分と追徴課税を納める必要があります。通常通り確定申告をしていれば未納分と呼ばれる税金分だけを支払えばよかったわけで、追徴課税を納める必要が無かったわけですが、未納だとばれた場合には追徴課税分を余計に支払わなければいけません。
風俗嬢の中には確定申告をしていないという人もいるようですので、未納だということがばれなければ無視をすればいいでしょう。別の言い方をすれば、督促状などが来なければばれていないわけですので、自ら納めなくてもいいわけです。

税務調査は過去にさかのぼって行われる

マイナンバー制度によってこれからについては確定申告をしなければばれる可能性は出てくるでしょう。もしばれた場合には過去にさかのぼって税務調査が行われることがありますので、その時にさらにばれる可能性があります。しかし、マイナンバー制度導入前の未納税金について税務調査を行うというのはとても難しいところがあります。

未納であることがばれなければ大丈夫

風俗嬢は高い給料がもらえるけれども、確定申告を自分でする必要があります。しかし、未納だということであれば未納分と追徴課税を支払う必要があります。未納だということがばれなければ支払う必要が無いとも言えます。

関連する記事